no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





コップ・ターゲット 狼たちの牙

コップ・ターゲット 狼たちの牙
COP TARGET
(1990)
監督: ハンフリー・ハンバート(ウンベルト・レンツィ)
出演:ロバート・ギンティ

 南米の小国でアメリカ大使が殺害された。マイアミ市警のウッド刑事は、大使の妻子をつれてその国へ渡った。だが、大使の死には、麻薬シンジケートが関わっていた……。
cop target
ギンティ好きの俺でもつまらんかった。

今回のエクスタミネーターの任務は我侭な未亡人とその娘の警護なのだが、娘が誘拐されてギンティが救出しようとすると未亡人に「この役立たず!あんたなんて国に帰っちまえ!」と罵られ、ギンティは「それなら一人でも助け出す!」と意気込むが、特に何もしないw さらにそのまま未亡人と縁を切り、単独行動でいくかと思いきや、未亡人の性格が急変しHし始めるw こう書くとまるでマッティ御大のような大爆笑のオンパレードのように聞こえるが、でも変に真面目で、アクションも少ない、バカな台詞もない、展開も全然進まず非常にかったるい映画でした。

数少ない見所は娘を誘拐する時、海水浴ビーチにギャングがボートでマシンガンもってDデイみたいな上陸作戦(それでも撃ち始めるまで誰も気付かないw)を敢行するのと、ギンティのペットの猫用の餌やり機械が笑えた。きっとこんなハイテク機械を作成する為に予算の大半を使い切ってしまったんではないでしょうかw


JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 16:34comments(0)trackbacks(0)





殺しのアーティスト

殺しのアーティスト
HIGH ART
A Grande Arte
(2010)
監督: ウォルター・サレス・Jr
出演:ピーター・コヨーテ

ブラジル。写真家(コヨーテ)の知り合いである娼婦が殺される。事件の真相を探っていると犯罪組織が絡んでいる事に気付くが、組織の手先にナイフで刺され、恋人は暴行されてしまう。回復したコヨーテは復讐の為に以前町で命を救ったナイフの達人を探し出し、殺しのテクニックを学び始める

自分の柄には全く合わないタイプの非常に地味なサスペンス・アクション。日本でDVDが発売されてた事を知り、実家経由で購入。
JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 19:47comments(0)trackbacks(0)





荒野の無頼漢

荒野の無頼漢
原題:TESTA T'AMMAZZO, CROCE...SEI MORTO...MI CHIAMANO A'LLELUJA
Heads I Kill You, Tails You're Dead! They Call Me Hallalujah (1970)

監督: アンソニー・アスコット (ジュリアーノ・カルニメーオ)
出演:ジョージ・ヒルトン

革命軍に雇われたヒルトンは、武器購入のために政府軍が輸送する宝石を強奪しようともくろむ。が、そこに同じ目的の奴等が現れた……。

サバタを見た勢いで再観賞。最高にバカだ。
西部の時代にあったのか無かったのは分からんがミシン。それにマシンガンを仕込む!そんな事をする意味など全くないのに、そんなどーしょーもない兵器を作り上げ、しかもちゃんと発砲する。その底の知れぬ馬鹿さ加減に感服です。他にもサバタほど多くはないがバラライカに仕込んだ銃を扱うロシア人。ガーターベルトに通信機を隠した修道女などバカな見所はたっぷり。特に意表を突くという演出の意味では、このバラライカ銃はサバタどころかデスペラードよりも驚かせてくれる。(でも活躍するポイントが少ないのが残念)
2が見たくて仕方ない作品だが、こっちでは入手する方法がないのが残念

監督のアスコットはフランク・クレイマーと師弟関係みたいで二人そろってバカ満載のマカロニウエスタンを作ってくれたが、やはり彼も作品数が少ない。マカロニウエスタンが衰退するちょい前の作品だから仕方ないが、その後もバカマカロニコンバットやバカマカロニ刑事物とか作って欲しかった
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 13:23comments(0)trackbacks(0)





コブラ・ミッション

コブラ・ミッション
原題:COBRA MISSION
OPERATION 'NAM
CINQUE UOMINI CONTRO TUTTI
(1985)

監督: ラリー・ラドマン (ファブリッツィオ・デ・アンジェリス)
出演:オリヴァー・トビアス

本国で情けない生活を送っている四人のベトナム帰還兵達が再開。その時、ベトナムで行方不明になっていた兵士が帰国するというニュースを耳にする。彼らは他の行方不明者を救出する為、ベトナムに戻る

何気に真面目なマカロニベトナムもの。

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 17:48comments(0)trackbacks(0)





ガン・ホー

ガン・ホー
原題:GUNG HO
(1986)

監督: ロン・ハワード
出演:マイケル・キートン

日本メーカーのテコ入れによってあやうく経営危機を脱したアメリカの田舎町の自動車工場。
しかし日本流の運営が工員の間で反感を買い、小さな町に日米摩擦の嵐が吹き荒れる。


再見。
アメリカに移ってから、かれこれ四年半です。今まで嫌なこととかいっぱいありました。
この映画を見直してみると、自分がストレス溜まりまくるのがよーく分かる。
自分がこっちの人にいらついてきたようなネタが映画の中に山ほど満載です。
その反面、日本人の描写はアレなもんも多々ありますが、確かにこっちの人と比べると
仕事が第一。ってのが自分にもきつーく伝わってきます。
その中間的な国に移りたいです

JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 19:21comments(0)trackbacks(0)





狂気のビルジャック/監禁エレベーター爆破7秒前

狂気のビルジャック/監禁エレベーター爆破7秒前
原題:STRANGERS IN 7A
(1972)

監督: ポール・ウェンドコス
出演:アンディ・グリフィス

アパートの管理人をしているグリフィス。妻が出かけた夜
バーで若い女性から「一晩で良いから空部屋に泊めて欲しい」と
誘惑される。誘惑に負けたグリフィスは使われてない7Aの部屋に
女を入れる。いざお楽しみ!と思ったら、その部屋に武装した
三人組の男達が乱入してきた。四人はグルで、その部屋を使い
隣の銀行に侵入しようとしていたのだ。


これはなかなか面白かった。


JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 10:59comments(0)trackbacks(0)





ガンマン無頼/地獄人別帖

ガンマン無頼/地獄人別帖
原題:LA VENDETTA E UN PIATTO CHE SI SERVE FREDDO
VENGEANCE TRAIL
(1971)
監督: ウィリアム・レッドフォード (パスクァーレ・スクイティエリ)
出演:レオナード・マン

突然の夜襲により両親を殺された少年ジム。
生き残った彼が見たのは、インディアンの集団。
一人になった彼はインディアンを見かけては殺し、顔の皮を
剥いでいった。やがて彼は成長し、本当の敵に出会う。


前半は面白かったが、時間が経つに連れて、マトモな展開。
インディアンへの仕返しもそんなに残酷でないし、
アクションもマトモ。
おまけにクラウス・キンスキーが誰も殺さない
スネオタイプの悪の手先で物足りないです。
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 15:05comments(0)trackbacks(0)





恐怖の飛行機不時着

恐怖の飛行機不時着
恐怖の飛行機遭難
原題:HEY, I'M ALIVE! (1975)
監督: ローレンス・シラー
出演:サリー・ストラザース

二人の男女を載せたセスナが雪山に不時着。生き残った二人は寒さの中救援を求める。

昔のTV映画ってのは少ない予算と登場人物、単純なアイデアで作られた物が多い。
そんな限られた状況の撮影でも頭の良い脚本などで作品を面白くしている。
これもそれらの条件を満たした作品。だがこれはいかんだろう・・・

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 09:44comments(0)trackbacks(0)





影なき淫獣

影なき淫獣
エロスの恐慌・影なき絞殺魔/女子学生戦慄の体験
原題:TORSO
I CORPI PRESENTANO TRACCE DI VIOLENZA CARNALE
BODIES BEAR TRACES OF CARNAL VIOLENCE
CARNAL VIOLENCE
(1973)
監督: セルジオ・マルチーノ
出演:スージー・ケンドール

 ある大学生カップルが郊外の森で何者かに襲われ虐殺された。
彼らと同じ大学に通う女学生は現場付近に落ちていたマフラーを見て彼女に
しつこく言い寄ってる男が同じ物をしていたことを思い出すが……。


イーライ・ロス主催の映画祭に行ってきた。
JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 13:28comments(0)trackbacks(0)





キラー・ビー

キラー・ビー
原題:THE SAVAGE BEES (1976)
監督: ブルース・ゲラー
出演:ベン・ジョンソン

貨物船によってニューオリンズに上陸した猛毒の殺人蜂を描いた生物パニック映画。


主演のベン・ジョンソンは冒頭で愛犬を蜂に殺されている。だからこの映画、パニック
映画じゃなくて復讐劇だったわけです。犬を殺された飼い主の怒りは怖いですね

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 06:14comments(0)trackbacks(0)