no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< バンナVSアビディ 道場マッチ? | main | スピンシティ #128「その男、張り込み中につき」 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





テキサス・チェーンソー

原題"THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE"
監督: マーカス・ニスペル  出演: ジェシカ・ビール

「悪魔のいけにえ」のリメイク。監督はCM・PV系のデビュー作。製作
マイケル・ベイ。 この面子を見ただけで駄作臭がぷんぷんしていた。
 ちなみに自分がオリジナルを見たのは中学一年。13金みたいな能天気
スプラッターと思っていたら「なにこれ?」と顔をしかめるような内容でした。
オリジナルに対する拘りは特にないです。
1973年8月18日、テキサスの片田舎。5人の若者はワゴン車を駆って楽しく旅をしていた。
やがて5人は道端を呆然と歩く一人の少女と出くわす。心配した彼らはとりあえず
少女を車に乗せるが、彼女は何かに異常なほど怯え、挙げ句に持っていた
ピストルで自らの頭を撃ち抜いてしまう。思わぬ事態に我を失う5人。
とにかく助けを求めようと近くの給油所に駆け込む彼らだったが…。


映像美、ヘビーロック、CG満載の映画と思って馬鹿にしていたが、全然違った。
かなりきっついホラーだった。オリジナルの展開からあまり脱線せずに、かつ
目新しさをある程度感じさせてくれてる。(中学の記憶なので曖昧だが)
テンポが遅いにも関わらず、最後までじめじめとした緊張感を持続させ、
最後はある程度映画らしさを加えてはいるものの、後味は微妙に悪い。
 まんまコピーでもなく、脱線しすぎでもなく。リメイクとしてはかなり
良い方かと思います。 自分の中のワーストイメイクである
「ドーン・オブ・ザ・デッド」と同じように考えていてすまんかったです。
(ドーンオブは「オリジナルに勝てっこない」という開き直りリメイクだが、
オリジナルの良い所全てをダメにした。それに走らせちゃあゾンビにする
意味ないだろ)
 絵の構図も似非ゾンビ映画と違い、分かりやすく迫力があるし、照明と
カラコレも暑さを出していて良かった。(昼の屋外シーンはPVっぽさが
出すぎてたが)
 このようにPVと映画、美味くマッチングしている部分が多く、なかでも
レザーフェイスが地下室で解体作業をしているシーンは秀逸。映画だけを
学んだ者にはそう簡単にはとれないような撮影技術だった。
 監督はオリジナルを踏まえつつも「俺の色」をいい具合に出していると
思いました。 ドーンオブの監督、ザック・スナイダーも妙にマニアックな
所を突いてきたが、肝心な所を突かずにオタクが「ぼく、こんな事も
知ってるんだよ。ぐひひ」という自慢げな感じがして嫌だ。(悪魔のいけにえが
大好きな人は違った意見になるだろうが…)
 そして今回はレザーフェイスだけでなくわが心の上官殿R・リー・アーメイ
という強敵も加わってレザーフェイスのいない間の緊張感を高めてくれてる。
(アナコンダとジョン・ヴォイトという関係になってしまっている感もあるが)
出来れば最後はグチャッって音を入れて欲しかった。

 唯一気に食わない点としてはレザーフェイスが主人公に襲い掛かり、詰めの時には
必ず間抜けなミスをして痛い笑いが出てくる所。まあおつむの足りない子なんで。
と思えば納得するが、それにしても馬鹿すぎ。

 PV・CM系出身であるマーカス・ニスペルが映画でも十分やっていける
人材か、それともPV系はこのような単純な展開のホラー映画が向いているのかは
彼の次の作品次第。
posted by younghorizons 01:00comments(0)trackbacks(2)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 01:00 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/207


「テキサス・チェーンソー」
あんまり好きなほうじゃないんだけどーーーー、 最近、ホラーづいてる??ひらりん。 ついつい見ちゃってるね。 こちらは1974年作の傑作??「悪魔のいけにえ」のリメイク版らしいです。 2003年度製作のホラー映画、97分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓(
ひらりん的映画ブログ | 2005/02/25 12:15 AM


テキサス・チェーンソー (2003)
好き度:★★★★★★☆☆☆☆ 主演はジェシカ・ビール、共演にはエリック・バルフォー。 1973年8月18日テキサス、仲間5人でワゴン車で旅をしていたエリン(ビール)。彼らは放心状態で道のど真ん中を歩く少女を心配し拾うが、彼女は異常な程に怯えていて
嗚呼 Every day of a MOVIE | 2005/06/27 1:04 AM