no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< ダニー・ザ・ドッグ | main | 地球最終戦争 ロボット・ウォーズ >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND

今回はPPV購入をせず民放での放送を見る。理由はカードが微妙だし
中村カスがメインという大会に二度と金を払いたくないから。
完全放送を見てないから断言は出来ないが、民放放送版で良かった。
という内容の大会でした。
 ショーグンVSノゲイラはノーカットでも見たい。と思わせるような
試合。
 ボブチャンチンがここで消えてしまったのが悲しい。カスなんかを
当てないでとっととシウバVSボブチャンチンを組んでおけば良かったのに。
 パウエル・ナツラは見た感じ寝技が巧そうな印象があったが、コピィロフ先生
同様スタミナに難がありそう。
 ヒーゾはガン・マッギーとの試合での悪い印象が強く残ってたのであまり
期待はしてなかったが、ここまであっさり敗れてしまうとは思わなかった。
 中村カスの負けっぷりには大爆笑した。恐らく本人はカッコつけようと思って
あんなタイミングで道衣を脱いだんだろう。こいつは本当にバカだ。喧嘩が
始まっている最中に服を脱ぐなんて奴は普通いないだろ。
 その大バカ行為を始めるまでは良かった。みたいな声も聞くが、こいつの
パンチってリーチが短い上に踏み込みが浅すぎる為、当たらない距離で腕を
振り回しているだけ。攻撃というより「いや!来ないで!」という感じにしか
見えない。そしてストリップ後にマウントを取られていたが、マウントを
取られた後の対処が完全な素人。初期UFCやサップVSバンナ戦みたいだ。
こんなのをどうして評価できるんだ?
評価できる所は体を張ったギャグくらいなんじゃないでしょうか?
 まあ、笑わせてくれたしポコポコにされたので少しはむかつきが収まったが
一年以上出場不能になるくらいまでやられて欲しかった。
posted by younghorizons 00:00comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 00:00 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。