no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND | main | 宇宙戦争 (2005) >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





地球最終戦争 ロボット・ウォーズ

原題 "ROBOT WARS" a.k.a "Robot Jox 2: Robot Wars"
監督: アルバート・バンド 主演: ドン・マイケル・ポール
荒廃した未来。ノース連盟の観光用の武装多脚メカ・マラス2をアジア同盟の
将軍が視察に来ていた。だが、将軍はノース連盟を窮地に陥れるため、
マラス2を乗客もろともジャックしてしまう。マラス2のパイロット、
ドレイクは、将軍の野望を砕くため、都市の地下に格納されていた
人型超兵器メガ1を復活させる


 ビデオ整理の為、ロボット部分だけをDVDレコにダビングついでに
早送り再生。
「どこがロボット・ウォーズだ!?」と思うような出来の作品だが所詮
フルムーンの映画なんで誇大広告は当たり前なんです。
 デヴィッド・アレンのロボット特撮だけが見所の映画。それ以外は典型的な
ぐだぐだフルムーン映画。
「つまらないけど好きなロボジョックス」と違い、こっちは本当につまらん。
つまらんし、ロボット同士の戦いは少ないが、そのデヴィッド・アレンの
ロボットバトルはお見事。今回は蠍型のロボットという事もあり、ちょっと
怪獣同士の戦いにも見える。戦いの構成もちゃんと考えられているので
ロボジョックスのコツコツパンチみたいに笑ってしまう事はない。
ちなみにサソリロボと戦う人間型ロボ、メガ1(オメガワンみたいな名前だ)は
「ジャンクウォーズ2035」の最後にちょっとだけ出てきたロボットに
頭をつけたもの。登場シーンは地下から道路を突き破って現れるという
カッコ良い登場シーンでたまらない。だが、なんかのガラクタがついたような
頭だけはどうにかならなかったのだろうか・・・

 この二体のロボットは完全破壊されずに決着がつくが、続編とか
"Robot Jox VS Robot Wars"みたいなのを作る予定でもあったんじゃないだろうか

ちなみに主演のドン・マイケル・ポールはセガールの奪還の監督でもあります。
posted by younghorizons 23:00comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 23:00 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/377