no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 地球最終戦争 ロボット・ウォーズ | main | HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





宇宙戦争 (2005)

原題 "WAR OF THE WORLDS"
監督: スティーヴン・スピルバーグ 主演: トム・クルーズ
地中から突如現われて人々を殺しまくるトライポッド。
ぎゃーぎゃーわめき身勝手な子供達を連れて労働者階級のおっさんが逃げまくる


期待しすぎた俺がいけなかった。物足りない。見所もそれなりにあるし視覚効果も
良く、つまらなくはないが物足りない。アメリカ万歳のバカ映画
「インディペンデンスデイ」が素晴らしい映画に思えてきた。

見てない人用に感想をまとめると
・トライポッド出現シーンはマジで凄い。でもその後にそれを超えるインパクトの
ある場面がない。

・視覚効果や音響は素晴らしいが、エメリッヒ映画のように徹底した破壊が少ないし
テーマである家族愛も微妙。その為、パニック、侵略物、家族愛全てが中途半端。

・どう考えてもトム・クルーズが労働者階級、離婚歴有りのだらしないおっさんに
見えない。やはり主役はビル・パクストンにすべきだろw

・ダコタ・ファニングが常にギャーギャー騒いでてマジでうざい。

・トム・クルーズの行動がアレすぎて感情移入できず。

・ネットでいろいろと言われている部分だが、あれはあれで問題ないと思うが
それにしても・・・

・最後の最後で「おいおいおい」

こんな感じ。以降はネタバレ。
オープニングショットの微生物で「あ、やっぱりオリジナルと同じ終り方か」
と分かってしまった
事前的に情報をシャットアウトされてたし、公開後も個人的にシャットアウトしてたので、
トム・クルーズの役柄すらも知らなかった。
始まってみるとトム・クルーズが不精髭でコンテナを動かしているのを見て
物凄い違和感を覚えた。さらに離婚して汚いアパートに一人暮らしという状況も
違和感バリバリ。ビル・パクストンならすんなり理解できるだろうし、クルーズ本人も
少しは汚れをやりたくなったのかも知れないが、全然似合わない。

そこを我慢すれば前半はかなり面白い。異常気象と落雷、そして地面が割れて
トライポッドが出てくる所は凄すぎる。そこが凄すぎて後の方がそれにそれを
超えるものがないのが物足りなかった大きな理由。もちろん他にも船の転覆や
炎の中から現われるトライポッドなど凄い物は見せてくれるが、やってる場所は
田舎。壊すターゲットが非常に少ないので安さを感じる。バカだけどあれだけ
破壊に徹してくれたエメリッヒはよくやったんだなー。と思えてしまう。
 無論同じ事をやったらエメリッヒの二番煎じだし、科学者が主役だった旧作と
違い今回は一般家庭なので大都市の崩壊シーンは余分な脂肪になってしまうのは
分かるが、それにしても物足りない。「戦争」というタイトルが誇大広告に感じる。
旧作にあった廃墟の中に侵入してくる機械の眼と宇宙人は楽しませてくれたが、
ここでも溜息が。宇宙人のデザインがインディペンデンスデイのと似ている。
動きは勿論こっちの方が凄いし面白い動き方をしているが、頭のでっぱりとか
外見が似ているのだ。あれを見た瞬間「スピルバーグやる気あったのか?」
とまで思ってしまった。

 日本映画会社が散々訴えている家族愛もなんだかねー。と思う中途半端な出来。
あれだけギャーギャー騒いで生理的に不快にさせてくれる娘を守りたいなど
思えないし、「向こうを見てみたいんだ」という電波なセリフを聞いて、いとも
簡単に息子を行かせてしまうトム。助けてもらったティム・ロビンスをぶっ殺して
隠れ家を乗っ取ってしまうトム。そんな「俺らだけ助かればいいんじゃボケ!」
状態のトムにはどうやっても感情移入できない。たしかに自分達だけ良ければ
問題無い。というポリシーは非常にガチっぽい家族愛ではあるけどさー。
 また最初から最後まで騒いでいたダコタ・ファニングが非常にうざくて
(精神障害を持っているのか?と思うくらい)トライポッドに殺してもらいたい
と何度も感じてしまった。トムはこんだけうるさいガキのわめき声には耐えられたのに
どうして水鉄砲に耐えられずブチ切れてしまったんだろう…

 家族が車で逃げるシークエンスのカメラワークが凄かった。走っている車の廻りを
グルグルと廻りながらトム達の会話を捉えるというカメラワークで、恐らく
「ワイルドスピード」と同じような感じで撮られているのだろうが実際はどうやったのか
知りたい。

 ネットで散々叩かれている微生物に殺されるというオチだが、オリジナルも
そうだったので、個人的には「やっぱそうか」程度に感じたが、旧作の主人公は
科学者だった為、その事に対する伏線もチラリと見せてくれたが、こっちは単なる
一般家庭。ダコタ・ファニングに刺さった棘という無理矢理な伏線じゃあ納得
出来なく、唐突感がありすぎ。そして旧作は原爆を撃っても効かず為す術なしの
状態であれだったから救われた感じがしたが、こっちは何時の間にかに倒れて
ました程度。そりゃ文句も出るさ。ですよ。

 そして一番の突込み所はボストンで待ってた家族。家も壊れず服も顔も汚れず
全くの無傷状態ってどういう事よ!!???あれはかなりシラケた。
皆さん、宇宙人が攻めてきたらボストンに行きましょう。って事なんすかねえ
posted by younghorizons 16:00comments(3)trackbacks(2)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:00 |-|-|


この記事に対するコメント











初めまして。
トラックバックしました。
最後のツッコミどころはグッドです(笑)
ビリーはどうやってあの状況からボストンへ行けたのか不思議でしかたありませんでした。
MAR | 2005/07/03 4:00 PM


以前「シティオブゴッド」でTBもらった者です。この映画つこみどころが多すぎて、集中出来ませんでした。リメイクした前作や原作は未見なのですが、やはりそれを見なくても楽しめる映画にしないといけないですよね。レビュー拝見して、意見とても共感します。
experience#21 | 2005/07/04 7:21 PM


MARさん
TBどうもです。
最後のツッコミのボストンは侵略の被害にあってなかったとも
解釈できますが、まるで別世界のように無傷なのはいただけなかったですね


experience#21さん
TBどうもです。
「庶民向けSFだから」と言う感じである程度の突っ込み所は
個人的に許してしまうのですが、さすがの僕も最後のだけは
納得できませんでした。
「夏の大作映画」なんだから予備知識なしでも十分に楽しめる
娯楽映画にしてほしかったです。
選ばれし亀の子 永田さん | 2005/07/04 9:12 PM


この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/378


期待はずれのうちゅ〜せんそう
昨日観るはずだった、宇宙戦争を観た。 が、なんですかあれ。 宇宙戦争もとい、地球侵略のほうがしっくりこない? 要するに地球の大気に合わなかったという結末です。 「水が合わない」ってヤツね。 俳優陣は良かったのに、内容がショボかったですね。
まるなひ | 2005/07/03 3:57 PM


CINEMA●STARR 「宇宙戦争」
 監督 スティーブン・スピルバーグ  出演 トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス他    ある日突然、世界中に異常気象が起こる。それは宇宙人の攻撃だった!レイは子供達を守りながら、必死で宇宙人の攻撃から逃げる!!    僕
しっかりエンターテイメント! | 2005/07/04 7:27 PM