no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 映画制作初級第三回 | main | 映画制作初級 課題撮影 第一回 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ニューヨーク1997

ニューヨーク1997 (1981)
原題 ESCAPE FROM NEW YORK
JOHN CARPENTER'S ESCAPE FROM NEW YORK
監督: ジョン・カーペンター 主演: カート・ラッセル


近未来、巨大な刑務所と化したマンハッタンに大統領専用機が墜落。
元特殊部隊出身で終身刑のスネークは恩赦と引き替えに大統領救出に向かうが、
残された時間は24時間しかない。。


 友達とカーペンターについて話してたら見たくなった。仕事があったが
レンダリング時間を利用して見る。

 ありきたりなコメントだが「スネークかっこいい」が感想です。
そしてこの頃のカーペンターは素晴らしいです。
子供の頃、初めて深夜に見た時は眠気が吹っ飛ぶほど興奮したが、今見ると
やはり安さが見える。今のカーペンターの映画に期待ハズレが多いのは
カーペンターのせいではなくて、俺が子供の頃に見たインパクトが凄かった
からではないのだろうか?と思えてくる。それも少しはあるだろうが、
でも見ている内に「安さ」を忘れるほど話に集中できる。
「ゴースト・オブ・マーズ」とかでは俺的にはそれが感じられなかった。
やっぱり俺はこの頃のカーペンターが好きだ。

 スネークも勿論かっこいいが、脇を固めるおっさん俳優陣が素晴らしい。
でも初めて見た時はリー・ヴァンもプレザンス知らなかった。ボーグナイン
は何かで見た程度。 それが今となっては好き好んで彼らの映画を見ている。
なんか運命を感じるなあ(笑)
posted by younghorizons 09:02comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 09:02 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。