no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< MORTUARY | main | 映画制作初級第九回 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





てめえ!サモア・ジョー!きむっとぅわんコラ

先日、TNAの放送枠が変わった。変更後第一弾は宣伝の為、大物揃い。
その中でクリストファー・ダニエルズVSサモア・ジョーが行われた。
試合は素晴らしかった。
しかし、このサモア・ジョーという選手が問題。彼は筋肉バスター、
顔面ウォッシュなど日本人の技をアレしている事が多い。それなのに
無敗キャラという立派なポジションにいる。まるで
「まだ望みがあった頃の新日、ミルコに21秒でKOされた誰かさんが
何故かIWGP保持記録樹立」みたいなもんだ。

そしてその試合の中で彼は新パクリ技を四つも披露した。
天龍のグー逆水平コンボ
川田のローキック、ロー逆水平コンボ
モンゴリアン
永田ロック3

ここまでやられると頭に来る。しかも全ての技が劣化コピーで中途半端。
だからオリジナルの選手へのリスペクトもプロレスLOVEも全く感じられない。
「調子のいいことやってんじゃねえぞコラ!」って感じです。

またこの試合ではクリストファー・ダニエルズがカレーマン式のケブラーダ
とムーンサルトを決めた。俺がこっちに来てからカレーマンの動きを
見たのは初めてだ。でもあのロープのバウンドはまさしくカレーそのもの。
やっとダニエルズがカレーだったと確信出来た。
posted by younghorizons 05:51comments(2)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 05:51 |-|-|


この記事に対するコメント











にくったらしいですよねこいつ。技がパクリだらけだし
乱暴で、相手にまかせすぎ。ちょっと恐いです。
中邑とは違ったタイプのファイプロレスラーって感じ。
ダニエルズは入場がたまらんデスw
kdu | 2006/04/19 12:08 PM


別に中堅レスラーなら構わないんですけどね。
ホント、こいつはアレですよ。うん。あぁ
選ばれし亀の子 永田さん | 2006/04/19 4:17 PM


この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/619