no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・コマンダー | main | 最近見た映画 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
原題; THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT (2006)
監督: ジャスティン・リン
出演:ルーカス・ブラック

ポール・ウォーカーのいないワイルドスピードの新作。 そんな感じだから
てっきりビデオストレートになると思ってたが、劇場公開。ポスターの
背景に書かれているデタラメな日本語の看板を見て、
「これは素晴らしいコメディに違いない!」と感じて見る事にした。
(日本版ポスターでは日本語は消されてます)

製作中、日本よりアメリカで撮られているパートの方が多い。と聞き
良い感じのバカ映画になると思ってたが、意外にも日本での撮影が多く
ちょっとガッファリ。 とは言え突っ込みどころはちゃんとあるので
一人でゲラゲラ笑ってしまった。
例えば日本の学校に貼られている習字はオアシスw。
 駐車場にたむろしているドリフトのギャラリー達はワイルドスピード前作の
ギャラリーをそのまま持ってきたような日本人に見えない方ばっかりw
俺が居ない間に日本はこんなにセクスィーな姉ちゃんだらけになっていたとは…
 そしてなんと言ってもこの作品の見所は敵役や相棒を務めている日本人達を
演じている無名韓国人達w 日本語を話したりしているんですが、その多くが
何言ってるか分かりませんw 彼らが主人公に日本語で
「カウボーイを気取るな」みたいな事を言うんですが、俺は
「日本人気取るな」と言ってあげたかったです。

 アクションは全てアメリカで撮影していると思ったが、なんと規制が
うるさいと聞く東京でもいくつかカーチェイスを行っています。
CGによる誤魔化しはあるでしょうが、渋谷の交差点でカーチェイスを
やるとは思ってもいなかったので驚いた。
しかし、基本的に寄り絵が多く、峠でのバトルでは崖から落ちそうなど
高さを感じさせる絵が少ないので緊迫感があまり無かった。

 なお、この作品の上映前にはこの夏話題のSnakes on a Plane予告が
流れた。 このタイトルを使うと決めてから製作会社は開き直ったようで
予告もどこか狙っている部分を感じさせていた。そして観客の反応も
いろいろな意味で良かったw
早く見たいっすね。日本版の予告は是非とも木曜洋画の制作陣に
やってもらいたいですな
posted by younghorizons 10:08comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 10:08 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。