no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< Flight of Fury | main | Grindhouse >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Undisputed II: Last Man Standing

原題; Undisputed II: Last Man Standing (2006)
監督: アイザック・フロレンティーン
出演:マイケル・ジェイ・ホワイト

 ロシアとかそこらの国にCM撮影をしに来た元ヘビー級ボクシングチャンピオンの
ホワイト。彼は嵌められて無実の罪で投獄されてしまった。そこでは、アドキンスが
刑務所内の格闘技チャンプとして君臨していた。ホワイトは出所を餌に戦う事を
決意する。


ウォルター・ヒルの刑務所ボクシング映画「デッドロック」のオリジナルとは無関係な
続編。おまけにサブタイトルがラスト・マン・スタンディングってんだから凄いw

スコット・アドキンスは大分前から期待していた格闘俳優だったが、なかなか役に
恵まれなかった。しかしそんな彼がメインの敵役としてマイケル・ジェイ・ホワイトと
対戦ってんだから期待せずにはいられなかった。大分前から完成を待っていた。

ファースト・バトルに度胆を抜かれる。俺は大興奮。これは久々に当たりのB級に
なりそうだ!でもその後もレベルの高い戦いは続くが、オープニングファイトを
越す物がなかった・・・

また後半の戦いはちょっと納得いかなかった。ホワイトはアドキンスと二戦交える
のだが、一戦目は全て立ち技のみで終了。そこからホワイトが特訓を開始するのだが
そこになって突然「アドキンスは総合もできるから」という事で寝技の練習を
開始するのだ。それだったら一回戦のトドメを締め技にした方が良かったんでない?

まあでも最初の戦いが一番だったとは言え、全体的に戦いのレベルが高いのは
間違いないので見て損はないです。 なんつうか勿体無い

さて、この作品の監督、アイザックとアドキンスの次回作が凄い。なんと主演が
ヴァン・ダム!!!!
これはヴァンダボーが完全復活するに間違いない!!!!!
今から既に我慢汁でパンパンです ハァハァ
posted by younghorizons 17:51comments(6)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:51 |-|-|


この記事に対するコメント











これが例の胎教ビデオですかw
早起きしてこっそり見ます。
kdu | 2007/04/13 9:44 AM


鬼嫁様が寝ている頃を見計らって
毎日再生して下さい
きっと良いお子様が産まれますw
選ばれし亀の子 永田さん | 2007/04/13 5:51 PM


アドキンスの最新作「Undisputed掘廚修靴謄曠錺ぅ箸痢Blood-and-Bones」はもうご覧に為られましたか?
葬流者@どうも初めまして | 2010/03/30 10:44 PM


Blood-and-Bones → Blood-and-Bone

それにしてもこういう作品が劇場公開されないなんて
日本の映画配給は一体どうなってるんですかね?
唯一の希望は水曜シアター9しか無さそうなのが何とも……
ナンパな日本映画界はアドキンス兄貴とホワイト二代目番長に土下座!
葬流者@映画タイトルまちがえたので訂正+α | 2010/03/30 10:48 PM


はじめまして。
Undisputed靴呂泙脆売されてなかったはずです。
Blood-and-Boneはまだ見てません。個人的にはグラインドハウスになかったクズ映画への愛たっぷりなBlack Dynamiteの方が見たいですね。
でも最近は忙しくて、それもNINJAも見れてません。
すいません。いつか見ます。いつか・・・
選ばれし亀の子 永田さん | 2010/03/31 5:29 AM


追加です。
最近は日本でもこういうのがDVDスルーが多いようですが、アメリカよりはマシだと思いますよ。
ユニソル3やヴァンダボー、アクション番長、セガール作品などがいまだに劇場で見られる日本が恋しいです。
選ばれし亀の子 永田さん | 2010/03/31 5:32 AM


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。