no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< Undisputed II: Last Man Standing | main | 復讐のネイルガン・処刑ハンター >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Grindhouse

原題; Grindhouse (2007)
監督: ロバート・ロドリゲス クエンティン・タランティーノ
出演:ローズ・マッゴーワン

 60-70年代に量産されたクズ映画のオマージュとしてロドリゲスと
タランティーノによる二本立て作品


どこがオマージュなんだか。って感じでした。
俺のブログに何度か書かれているグラインドハウス映画祭に掛かるような作品には
全く見えません。そこに掛かるような作品は製作日数も少なく、役者の演技も安っちく、
セリフもアホらしく、それに失笑してしまうようなアクション、ホラー、おっぱい
などを加えたような映画だ。 見てて「おい!」って笑いながら突っ込めるような
クズ映画です。

しかし、二人の映画は製作日数も十分にあり、Aクラスの俳優、激しいアクション、
凄い血しぶき、出来の良いCGなど全くグラインドハウスとは正反対の位置にある
作品。フィルムノイズを乗っければグラインドハウス映画になるってもんじゃ
ないんだよ!

ロドリゲスのPlanet Terrorでは主人公の姉ちゃんが無くなった足の代わりに
マシンガンを装着するというシーンがある。これが本当のグラインドハウス映画なら
マシンガンの裏に本物足が思いっきり見えていると思います。ブルース・ウィリスも
出ているが、役はいつものまま。クズ映画にこういうAクラス俳優を出したいという
意気込みは良いと思うが、だったら普段言わないような陳腐なセリフとか言わせる
べきでないの?

とは言ってもロドリゲスのはまだそれらしさを感じれる所は多々あったし、
グラインドハウスと思わなければ、かなり面白い。しかし!問題はタランティーノの
Death Proof これが酷すぎた。
全編に渡り、タランティーノ節全開の「お喋り」が延々と続く。しかもそのお喋りの
ほとんどが物語に全く関係ない話ばかり。途中までは楽しめるが、それも飽きてくる。
話の進展もほとんどない。無駄にお喋りが続くだけ。
しかもタランティーノ。「俺は有能」というのを見せたいのか、お祭り映画的な
この作品を変に真面目に撮っているので、単なる「突っ込みどころのない真面目な
クソ映画」となっている。これのどこがオマージュなんでしょうか?

 映画の後半にはカーチェイスがある。タランティーノは「映画史に残るトップ10
レベルのカーチェイス」と自画自賛。無論宣伝の為というのは分かるが、これだけ
ダラダラしたつまんない映画を見させられると「だったらそのトップ10レベルを
見せてもらおうじゃないか?」と思ってしまう。
そのカーチェイスは確かに凄い事をやっているが、決してトップ10レベルには及ばない。
最近の映画で言うなら「ブレーキダウン」「マトリックス・リローデッド」の方が
凄い。スタントで考えるなら「七人のマッハ」の方が全然凄い。
 しかもそのカーチェイス。いきなり何の伏線もなく始まる。主人公が車の上に乗るってのも
かなり無理がある設定だ。勿論本当のグラインドハウス映画なら、それを笑って
許せるが、しかしこれはクソ真面目に撮っているので「はっ!?」って感じである。
 確かにスタントは気合が入っている。しかし!その同じスタントを延々と
続けると凄みも薄れてくる。客はそれ以上の何かを期待するだろうが、アクションは
同じ事の繰り返し。 そしてカーチェイスの第二ラウンドではそれ以上の事は
全くない。 これのどこがトップ10レベル?

これは映画本編の事ではないが、実は俺は脚本の段階で既にカチンと来てた。
タランティーノの脚本を読んだ友達から聞いた話である。
この作品には黄色と黒で配色された車が出てくる。この色はタランティーノが
キル・ビルでパクったブルース・リーの「死亡遊戯」のトラックスーツの色だ。
しかし!脚本には「キル・ビル・カラー」と書かれていたそうだ。無論そんな文字は
映画には一切出てこないが、俺はかなり怒った。あのトラックスーツはお前の
アイデアか?オマージュというのは人のアイデアを盗むという意味なのか?
今のタランティーノには映画に対する愛情という物は全く無いのかもしれない。

また映画の間には偽の予告編がかかる。これも本家グラインドハウスを意識しての
事だが、これも豪華な作品がほとんど。 ニコラス・ケイジが凄くバカな事を
やっていて、それは評価できるが、たったの1カット。もう少し見せても良いだろう。

本編・偽予告、全てを通して「本家グラインドハウス映画」に一番近かったのは
イーライ・ロスによるThanksgiving
これだけが本物に近い作品でした。

今回の偽グラインドハウス映画で思ったこと。
タランティーノの映画は今後見ない。
posted by younghorizons 17:21comments(2)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:21 |-|-|


この記事に対するコメント











いやぁやってしまったようですねw
これだけ怒りを買うものがどんなものか
DVDが出たらレンタルしてみますw
人のものを自分の手柄みたいに言うのとか
自分がすごいと言うのとか日本のヲタと似てるかもしれない…
彼は愛情も志も失ってしまったんですねぇ。
kdu | 2007/04/13 9:41 AM


日本でDVDが出る前に、オリジナルのクズ映画を
何本か見れば、俺の怒りを理解してもらえると
思います

キル・ビルのトラックスーツを見た時に
「おぅっ!」と思った自分が情けないです
選ばれし亀の子 永田さん | 2007/04/13 5:56 PM


この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/664