no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 悪魔のジャンクハンター | main | ミスター・ノーボディ2 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





冷凍凶獣の惨殺 (原始獣レプティリカス)

冷凍凶獣の惨殺 (原始獣レプティリカス)
原題:REPTILICUS (1961)
監督: シドニー・ピンク ポール・バング
出演:カール・オットセン

工事現場から発見された古代生物の組織が驚くべき再生力で巨大怪獣に
変身し、コペンハーゲンを破壊する。


脳みそも心臓もないはずの尻尾の部分から怪獣が再生する。子供の頃はそんな事も
気にせず普通に見てました。
たるかったり、レプティリカスがチャチかったりするが、嫌いにはなれないです。
チャチい割にはミニチュア破壊とか頑張ってるし、エキストラと実際の戦車とか
使って頑張ってます。製作のAIPが何故ここまで頑張ってるシーンを他の映画で
再利用しなかったのか疑問に思えてしまいます(自分の見てない映画で使ってるかも
知れんが)

レプティリカスの武器は緑色の唾液。こんなので死にたくない。だって言葉で
説明するとしたら、近所の人が
「○○さん、レプティリカスの唾にやられちゃったらしいわよ。物騒ねえ」
なんて言われちゃうから
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 21:39comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 21:39 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。