no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 冷凍凶獣の惨殺 (原始獣レプティリカス) | main | 影なき淫獣 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ミスター・ノーボディ2

ミスター・ノーボディ2
原題:UN GENIO, DUO COMPARI, UN POLLO
A GENIUS, TWO FRIENDS, AND AN IDIOT
NOBODY'S THE GREATEST
(1975)
監督: ダミアーノ・ダミアーニ
出演:テレンス・ヒル

南北戦争時、ジョー・サンクスとビルは大佐の死体を発見する。
そして彼らは大佐に成りすまし、少佐から30万ドルを騙し取ろうと企む


ミスター・ノーボディとはなんの関わりもない偽続編。
JUGEMテーマ:映画


微妙な作品。話の導入部までが異様に長いし、導入部に入ってからテレンス・ヒルの
出番が一気になくなるし、コメディのつもりなんだろうが笑えない。
いわゆるシリアスな作品ばっかやってきたダミアーニだからこんな結果になったんだと
思う。インタビューで本人は「昔の西部劇のパロディ」と言っていて、「駅馬車」とかの
シーンを再現している。再現しつつ笑いを含ませるのではなく、そのまんま捻りもなく
再現している。これはパロディでもなんでもなくパクリだろう。
テレンス・ヒルの演技もミスター・ノーボディやトリニティーシリーズと比べると
元気が感じられず、面白いことをやっても、他の作品より楽しめない。本人は
脚本に納得がいってなかったので、それが顔に出てるように思えた。

嘘の続編とは分かりつつも、大好きなミスター・ノーボディの名を語って
この出来ってのは見ていて悲しくなります。
posted by younghorizons 16:18comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:18 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/704