no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< スピーシーズ4 新種覚醒 | main | Death Race >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





アイアンマン

アイアンマン
原題:IRON MAN (2008)
監督: ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニー・Jr

米軍需企業の社長のトニー・スタークが中東ゲリラに捕まり、釈放を条件に兵器を
作る事を命じられる。しかし愛国心の強いスタークはガラクタなどを元にアイアンマン
・スーツを作りゲリラに立ち向かう。


面白かったけど、最高ってレベルではない。
JUGEMテーマ:映画


前半、アイアンマンの最終モデルが出来るまでがちょっとタルかったです。
笑いで間を持たせていてダウニーJrがアイアンマンスーツを改良する時のギャグなど
笑わせてくれる所が多々あり、苦にはならなかったけど、でももうちょっと
早くアイアンマンを活躍させても良かったんじゃない。と思った。

アクションは最近イヤってほど増えている手ブレも極端な寄り絵もなく、かなり
良かったです。「トランスフォーマー」もこんな感じだったら良かったのに。と思いました。
でも、最後の敵が持っている武器や攻撃される箇所などでロボコップ2を連想させて
なんかオリジナリティーがあんま感じられなかったのが残念。

話も複雑でなく子供映画として十分楽しめる内容だったけど、主人公がアメリカの
軍需企業の社長で有名人、軍隊と結束、そして余所の国の戦いへのちょっかい
(これはいちお理由ついてるけど)などなど、よく考えると随分タカ派な内容だ。
プロパガンダ映画ってレベルではないけど、純粋な子供に何かを植え付けるには十分な
内容だと思う。最近は倫理的な事に過敏なアメリカ。先日書いた「ポスタル」は
アメリカへ攻撃的だからアウト。でもこれは国の為だからOK
なんだかねぇ・・・
posted by younghorizons 13:36comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 13:36 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。