no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< アイアンマン | main | Face to Face : Live at House of Bruce Sunset 2008/11/07 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Death Race

Death Race
原題:Death Race (2008)
監督: ポール・W・S・アンダーソン
出演:ジェイソン・ステイサム

国家の権力が強そうな近未来。元レーサーであるステイサムは何者かにはめられ、
妻殺しの罪で刑務所に投獄される。そこでは「デスレース」という囚人を使った改造車
によるレースが行われており、TV中継されていた。ステイサムは自由の身を餌に
レースに出る事を強要される。そしてレースに参加するには、もう一つの条件があった。


おおまかな部分は試写会で見たバージョンと変わりないので、主な感想はこちらでどうぞ
http://younghorizons.jugem.jp/?eid=718
ここでは試写会版と比べての事を書きます。
JUGEMテーマ:映画


米国でのテスト試写会では必ず感想文を書かせられます。
どこが気に入ったか?どこがダメか?前・中・後半それぞれのテンポはどうか?
エンディングはこれでOKか?といった事を一言コメント程度で書き、映画の製作会社は
それを元にして、再編集や再撮影を行う訳です。
で、俺はそのアンケート用紙の「嫌いなところを五つあげろ」という所に
「手ブレ映像のカーチェイス」と書きました。それも五項目全部。
それが功を為したか、俺の気のせいか、カーチェイスでの手ブレが軽減してました。
車の中の映像は揺れてますが、車自体のアクションの映像はかなり見やすくなってました。
それでもちょっと揺れてるが、どこにどの車がいて、どの車が何をしているかは
確実に分かりました。文句書いておいて良かったです。
そんな訳で俺はさらに楽しめました。

他にも冒頭のカーチェイスも分かりやすくなっていたりした。
しいて言えばエンディングは試写会バージョンの方で問題なかったんじゃないかな。
と思いました。試写会版ではステイサム達のその後のシーンが全て無くて、親父の
「このゲーム最高」
で終了。 まあ、彼らのその後が気になると言えば気になるが
親父のシーンだけの方が
いかにもB級らしくて盛り上がると思いますが・・・

そして試写会版ではオープニングのモーションタイトルが無かったのだが、完成版を
見て唖然。「セブン」以降、山ほど出てきた文字がブレるタイトルです。
今時のメジャー映画でこんなのを見るとは思わなかった。
他に音楽も差し替えられてたのだが、試写会版ではいっぱい使われてたnine inch nails
の曲が全く無くなってた。やはり使用料が高いのだろう。そしてその代わりに使われた
曲は、そのバッタモンって感じの曲。やけに似すぎてて、試写会版を聴いた俺には
失笑ものだった。

他に試写会版であって、公開版で削除されてたのは
・第二ラウンドで姉ちゃんがCRASHのI fought the lawのCDをかける
全裸でケツ丸出しのステイサムがトレーニングしてたが、公開版ではジーパンはいてた
・ステイサム逮捕後からレース開始までが短くなってたような気がする。


観客の反応は試写会同様、かなり盛り上がってて、みんな満足という状態だったが
俺が見た映画館(チャイニーズシアター)は10時の回で全体の3割程度しか埋まってなかった。
寂しいなぁ・・・

posted by younghorizons 18:58comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 18:58 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/727