no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< Punisher: War Zone | main | スラムドッグ$ミリオネア >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Dead Moon Rising

デッド・ムーン・ライジング
原題:Dead Moon Rising (2007)
監督: マーク・E・ポール
出演:ジェイソン・クロウ

ケンタッキーの田舎町にゾンビが出てきて、生存者が廃墟とかに立て篭もって
脱出を図る。


休みになってから、見るものが一気に増えたんで適当に簡単なレビュー。

JUGEMテーマ:映画


予算5万ドル
ゾンビメイク。顔を黄色く塗っているだけなのがほとんど
残酷シーン。ゾンビに喰われる人のおなかに作り物の臓物を隠してて、それを引っ張るだけ。
マズルフラッシュ、血糊。CGがほとんど。後は画面外から血糊をぶっかけてる。
ロケーション。安い割には多いし、一部確実に許可が必要な屋外でマシンガンをもっている。
撮影。DV撮影。35mmアダプターなし。ほとんどがマスターショットだけで構成。
とこんな感じでこないだ見たAutomaton Transfusionと同じ予算でここまで違いが
出るもんだ。とビックリするほど酷い。(もっとともAutomatonとかの映画は宣伝の
ためにわざと安く言っているのも多々あるが)トロマ映画のノリだが、それより
さらに酷くなってる。

5万ドルはどこに使ったんだろう。と思ってたら、最後はびっくり。
ケンタッキーの繁華街の一角を封鎖して100人以上のゾンビとバイカーのエキストラを
集めてバトル。ここに予算のほとんどを突っ込んだようだ。
ただ、文字で書くと凄いけど、映像は100人の人達がもつれあってるだけ・・・
posted by younghorizons 10:14comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 10:14 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/742