no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< Let the Right One In | main | レストストップ デッドアヘッド >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Timber Falls

ティムバー・フォールズ
原題:Timber Falls (2007)
監督: トニー・ジグリオ
出演:ジョシュ・ランドール

山にキャンプに出かけたカップル、マイクとシェリル。しかしシェリルが
何者かにより誘拐されてしまう。その山にはキチガイ家族が住んでいたのだ


「悪魔のいけにえ」とかその手の類のホラー映画。

JUGEMテーマ:映画


限定されたロケ地などの設定を考えると、よっぽど安い予算で作られたんではないかと
考えてみると、撮影技術や演出はかなり良いと思う。
もう十分使い古されたネタでも、特殊な形のカマを持った殺人鬼、キチガイ家族が
狂信的キリスト教信者、そして最初に出くわす狩人などの要素を加えて、
どうにかして他の同種映画とは違うようにしようと努力しているのが見られる。
被害者はこの手の映画にしては少なく、その為、中だるみするが安い予算で
撮ってたんじゃあ仕方ないと思えてくる。

と思って見終わった後IMDBで調べたら、この作品はジェイソン・ステイサムとかが
出ている「カオス」の監督。予算もこの手の映画、この設定を考えるとそれなりにある。
そういう事実を知ると、それまでの好印象も吹っ飛ぶ。 これくらいの規模の作品で
こんなありきたりのネタはないだろう。と思ってしまう。
そのありきたりの作品をここまで救った監督は偉いと見るか、なんでこんな仕事を
わざわざ受けたのか?非常に答えずらい作品でした。

posted by younghorizons 17:57comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:57 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。