no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< ブラッドレイン II | main | フィリップ・タン >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





マザーヒート

マザーヒート
原題:SUNLAND HEAT (2005)
監督: ハルダー・ゴメス
出演:アレックス・ヴァン・ヘイゲン

移り住んだブラジルで新しい人生を歩き始めようとしていたジェニファー。
しかし、平和を切り裂くかのような愛娘の誘拐。愛娘を救うため、拳の封印を
解き放ったジェニファーが陰謀に挑むアクション。


謎だらけの映画。

JUGEMテーマ:映画


何から何までもが謎。意味不明の映画でした。
話の展開、シーンからシーンへの繋ぎ目。何を取っても説明不足。例えば
登場人物が意味ありげな事をしたりしするけど、別に意味はなかったり、主人公と
脇役が麻酔の矢で眠らされたとと思いきや、次のシーンではごく普通にしてたり、
まともそうに見えた主人公が次のシーンでは突然泣き始めたり。
などなど、この手のネタの先駆者w アルバート・ピュン先生も真っ青になるほどの
意味不明な映画だった。

謎なのは映画の内容だけではない
こんな脚本がどうやってGOサインが出て製作されたのか?
どうしてアメリカ、ブラジル二カ国で撮影できる予算を得られたのか?
この監督がどうやって首にされずに、しかも他のDVDストレート映画も監督できたのか?
製作面においても謎だらけだ。

そして最大の謎は主人公であるアレックス・ヴァン・ヘイゲンだw
スー・プライスの再来、いやそれ以上のインパクトのある顔の持ち主であるw
下手な演技で泣きじゃくっている姿はホラー映画以上の衝撃を与えてくれる。
アクションは出来るが、どう考えても悪役な顔つきw
こんな人が主役を得たという事はプロデューサーも兼ねているからだろう。と思ったが
兼ねていない。スタントだけだ。勿論他の映画にも出ていない。
この人が一体どうやって主役の座を射止めたのか謎で仕方ない。
きっとプロデューサーの子供を人質に取って、役を勝ち得たんだと思うw

格闘アクションはこのレベルの作品にしては上出来な方だが、早送り速度が不自然で
尺が短いし、クライマックスでの対決もない。そして、ここにも謎が存在する。
一つのアクションシーンで唐突に蟹の爪を割っている映像が挿入されているのだw
これには吹っ飛んだw 恐らくコッポラとかが見たらショック死するんじゃないかと思うw
posted by younghorizons 16:34comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:34 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/751