no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< サベージ・バイオレンス/野獣襲撃 | main | 西部のリトル・リタ〜踊る大銃撃戦〜 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Ong bak 2

マッハ!2
原題:Ong bak 2 (2008)


監督: トニー・ジャー / パンナー・リットグライ
出演:トニー・ジャー

昔々のタイ。平和な村に突如、盗賊たちが現れ村人を殺し始める。
生き残った子供は武道家集団に育てられトニー・ジャーになる


やべ。書き忘れた。タイ語のDVDで見たので言葉はさっぱりです。
とりあえず思い出しながら書いてます。
マッハ!2のタイトルですが前作とは何の関わりもありません。

JUGEMテーマ:映画



マッハ!を初めて見た時思った事は
「香港映画が忘れてしまったアクションバカ魂がタイにあった!」
昔の香港映画のように、ストーリーなんてどうでも良い。
とにかく大暴れして悪い奴らをやっつければそれで良し!
トニー・ジャーの能力だけでなく、その部分に大興奮した。

しかし、タイ人達は要らぬ脳みそを使い始めてしまった。
一言で言えばリンチェイのHEROとかみたいな武峡映画。
映像のレベルもアップしてしまい、なんだかアポカリプトとか
300みたいな感じで、ここで見たくも無い「スタイリッシュな映像」が
たくさん見られ、その分格闘シーンが削られていく。さらに
酷くは無いがストロボ効果使ったり、ちょっと手ブレだったりで
今後が不安になる。

話はよー分からんが、今までみたいな仏像取られたとか
像がさらわれたみたいなバカな設定がなく、なんかがっかり。


格闘シーンに関してはトニー・ジャーが武道家集団に鍛えられてる
所はかっこ良い。相手に合わせてどんどん格闘スタイルを
変えていくジャーは相変わらず器用だ。
でも前作やトムヤムクンと比べると短い!
そんでもって最後は「おいおい!これで終わりかよ」
って位、なんだか寂しい戦い。
まあレベルは高いけど、今までのタイ格闘映画を見てたら
非常に物足りない。

ってな訳で次の作品では脳みそを使わずに暴れて欲しい。
posted by younghorizons 17:25comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:25 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。