no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 斬撃 -ZANGEKI- | main | 復讐のガンマン >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ブレードチェイサー

ブレードチェイサー
原題:DAY OF THE PANTHER
(1987)

監督: ブライアン・トレンチャード=スミス
出演:エドワード・ジョン・スタザック

香港から特別捜査官のジェイソン・ブレード。
彼は伝説の武術の一派「豹流」の後継者でもあった。同じ後継者である
リンダがオーストラリアの犯罪組織に殺された為、ブレードは
オーストラリアに向かい潜入捜査を開始する


オーストラリアのB級格闘映画。
JUGEMテーマ:映画


まあ、話はどこにでもありそうな奴です。途中から闇格闘技大会の
話が出てくるが、身元がばれて結局大会無しでラストの対決に
行くのでガッカリです。笑いどころはヒロインが主役に突然
エアロビで迫るなど、それなりにあります。


主演のスタザックは蹴りはそんなに綺麗ではないが、結構重みのある
パンチを打つ。披露している型からしても空手系の選手。
殺陣のほとんどが一発打たれたら、それをガードして反撃みたいな
約束組手的なものばかり。
最後に仇と戦う時はそれなりに打ち合うが、見所は...うーん・・・
仇役の出すブレーン・バスターでしょうか。

そして伝説の流派(勿論架空の)である「豹流」らしき動きが全くない。
型はさっきも書いた様に空手っぽい型だし、五形拳みたいに豹を表す
ような動物的動作も無い。
劇中から分かった事は復讐の為の暴力を許す。ってのと敵にトドメ
刺さないってくらいでしょうか
posted by younghorizons 17:32comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:32 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/775