no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 夢の一つ | main | アバター >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





狂気のビルジャック/監禁エレベーター爆破7秒前

狂気のビルジャック/監禁エレベーター爆破7秒前
原題:STRANGERS IN 7A
(1972)

監督: ポール・ウェンドコス
出演:アンディ・グリフィス

アパートの管理人をしているグリフィス。妻が出かけた夜
バーで若い女性から「一晩で良いから空部屋に泊めて欲しい」と
誘惑される。誘惑に負けたグリフィスは使われてない7Aの部屋に
女を入れる。いざお楽しみ!と思ったら、その部屋に武装した
三人組の男達が乱入してきた。四人はグルで、その部屋を使い
隣の銀行に侵入しようとしていたのだ。


これはなかなか面白かった。


JUGEMテーマ:映画


70分少々という短い時間の中で、謎の女との不倫サスペンス、銀行強盗、
監禁劇、そしてビルジャックと目まぐるしく展開が変わっていく
この時代には珍しい作品。 最初見始めたときは「どこがビルジャック
なんだ?」と思ったら、最後に納得。しかも巧い具合に展開が
変わっていく。スタッフリストを見たら脚本が
「フォレストガンプ」「インサイダー」「ミュンヘン」そしてあの
「ポストマンw」(ラジー賞受賞)を手掛けたエリック・ロスが書いている。
他に原作者がいるが、それでも才能は感じられる作品だった。

演出もTV映画と、これだけの短い尺にしては十分良い方だが、
もうちょっと緊張感が欲しかったなー。と思いました。それがあれば
それこそ「夜空の大空港」「ジェリコ・マイル」「バッド・ロナルド」
などに並ぶ傑作になったかと思います。惜しいです
posted by younghorizons 10:59comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 10:59 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/778