no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< Botte di Natale | main | 七人の特命隊 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





追跡者ガリンゴ

追跡者ガリンゴ
原題:GARRINGO, I MORTI NON SI CONTANO
GARRINGO
DEAD ARE COUNTLESS
(1969)

監督: ラファエル・ロメロ・マルチェント
出演:アンソニー・ステファン

幼少期、ピーター・リー・ローレンスは軍人に親を目の前で殺され孤児になり、老保安官に育てられ、銃の扱いも教わる。そして彼は大人になり銃を悪事に使い、指名手配犯になる。軍人殺しの容疑で軍隊はステファン扮するガリンゴにローレンスの追跡を命じた。

前半はかなり面白いマカロニウエスタン。
いきなり親を殺される子供。そして保安官に銃の扱いを習ってる時に子供がクルリと回転すると、大人になったローレンスが回転しながら善人を射殺する。悪役なのにカッコ良すぎる登場の仕方だ。そんなのにステファンごときが立ち向かえるのか!?と思ったらステファンは女には手を出すわ、情報を持ってる奴を後ろからいきなりロープで首を絞めるわの極悪ぶり。これは最高になりそうだ。
と思ったら、これだけの非道ぶりを見せたステファンはやけに打たれ弱かったり、傷ついたステファンが倒れこんだのはローレンスを育てた保安官の家。という美味しすぎる設定を無難にまとめたりと、前半の盛り上がりに比べると非常に残念な展開でした。最後の銃撃戦はローレンスがハネ起きしながら銃を撃つなどのガンプレイが見れたので、それなりに楽しめました。
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 17:57comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:57 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/794