no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< なぜ師父の名を!?  ピュンだま通信14 | main | Mr. No Legs >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





バトルフィールド TOKYO

バトルフィールド TOKYO

原題:MONSTER (2008)

監督: エリック・エステンバーグ
出演:サラ・リンチ

地球温暖化のドキュメンタリー映画を撮ろうと日本に出かけたアメリカ人姉妹が東京で蛸のモンスターに遭遇する

とってもアルバトロスな映画を生産するアサイラムピクチャーズによるクローバーフィールドのバッタモン。通学中にiPodで視聴

JUGEMテーマ:映画


映画自体はほとんど早送りしないとやっていけないほど酷い作品だが、誤魔化し方と予算の節約に関してはなかなか頑張っている映画だった。この手の超低予算映画にしては珍しくちゃんと日本に行って撮影しています。しかし行ったのは恐らくキャスト二人と監督一人。POV物のメリットを最大限に活かし、最少人数のクルーとゲリラ撮影で恐らく一日か二日で日本パートを撮り上げています。だから録音がカメラマイクのみなので酷い酷い。でもある意味そこら辺はクローバーフィールドよりもリアリティーがありますw

そして時間の掛かる所や他のキャストが絡んでくる所は全てアメリカ、リトルトーキョーで済ましています。どっちの地形も分かる自分には大体どこで撮っているか分かるし、こっちの日系人やアジア人によるヘンチクリンな日本語のおかげで常に笑いながら見れました。

肝心のモンスター襲撃シーンなんてほとんどありません。モンスターが襲って来るんじゃないかと思うと、ビデオにノイズのイフェクトが起こり(しかも実在するビデオノイズには全くないタイプのイフェクト)次の瞬間には次のシーンに飛んでます。これでCG作業に時間やお金を費やす必要が無いわけですw
モンスターなどのCG合成もアサイラムって感じですがモーショントラッキングは頑張ってた方じゃないでしょうか。その部分だけ手ブレがかなり軽減されてるけどw 
posted by younghorizons 15:55comments(2)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 15:55 |-|-|


この記事に対するコメント











あー去年漫画喫茶でみようとしたけど、15分で断念しちゃった。あまりの酷さに。
テンテン | 2010/04/28 4:57 PM


酷すぎるけど、節約法と俺が最後まで見続けた事は評価していただきたいですw(ほとんど早送りだったけどw)
選ばれし亀の子 永田さん | 2010/04/29 2:41 PM


この記事のトラックバックURL
http://younghorizons.jugem.jp/trackback/814