no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題


<< 5 huajai hero | main | ザ・モンスター >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





エンジェル

エンジェル
ANGEL
(1983)
監督: ロバート・ヴィンセント・オニール
出演:ドナ・ウィルクス

昼は成績優秀な女子高生、夜は街角に立つストリートガールという、二つの顔を持つ少女エンジェル。ある日彼女の友達のコールガールが殺され、そしてエンジェル本人も標的となる

先週、ニュービバリーシネマで見た。
まあまあ面白いB級。内容だけで見るとエロと血しぶき満載のような作品だけど、そのどちらにも走らずエンジェルとその周りの人間による笑いを盛り込んだ会話劇などで、あまり退屈せずに見れました。最後にブチ切れたエンジェルがマグナム片手にハリウッド大通りを歩く姿は凄かった。
ちなみにスタッフロールでデヴィッド・デコトーがクラフトサービスとしてクレジットされてました

上映後、監督や脚本家などがQ&Aに答えてたが、「続編にウィルクスが出なかったのは何故?」という質問に「プロデューサーが他を使いたかった」と答えていた。まあストリートガールという設定の主人公なのにエロも裸もないんですから、他を使いたくなるでしょうね。そしてQ&Aには出なかったけど、そのウィルクス本人も来ていたが、映画で見たまな板のような胸が風船みたいになってました。これがプロデューサーの好みに反していたのかも知れませんw
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 10:59comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 10:59 |-|-|


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。