no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





お前は病原菌、俺は治療薬

ホラー映画の撮影中に一人の俳優が遊びに来ていた。
ブライアン・トンプソン、「コブラ」の殺人犯、「フライトナイト2」の虫食い吸血鬼、「ターミネーター」のパンクの一人、「モータルコンバット2」のシャオ・カーンなどを演じたシュワ似のマッチョ俳優だ。
数々のB級映画に出てた彼は俺の青春時代のヒーローの一人でもある。そんな訳で俺は大興奮。他のスタッフが「あれ、コブラの殺人犯みたいだぜ」と言ってる中、俺は彼に
「あなたの出ていた「ムーン44」はエメリッヒの最高傑作です。僕は劇場で見ました。「地獄の女囚コマンド」は中学生の僕にはいろんな意味で興奮させていただきました。」と言ったが、本人自体そんな知名度の低い作品名を言われてもすぐに思い出せなかったようで、「お前は俺の歩く履歴書か!?」と言われました。家が近ければいくつかのビデオカバーとかチラシとか見せられたのに。

遊びに来た理由はスタッフの一人が友達だったようで、その人がトンプソンさんに「こいつはVFXやってるんだぜ」と言ってくれた。トンプソンさんが帰った後、そのスタッフが「彼は今自分の監督した映画のポスト作業をやってる。だからお前がVFXやってる。って言ったんだ。もしかしたら声かかるかもよ」と言ってくれた。 そうなると良いなあ。

JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 17:59comments(2)trackbacks(0)





近況

昨日まで低予算のホラー映画の撮影の仕事をしてました。
想像以上に忙しい毎日で大変でした。(と言っても毎日4-5時間は家で寝られる程度でしたけど)
自分の仕事は撮影開始前まではVFXとちょっとした格闘シーンの殺陣の構成でしたが、始まってみるとどんどん仕事が増え、結局これまでにやった作業は
・VFX
・殺陣
・小道具
・第二班監督
・PA(日本で言うAD)
・メイキング撮影
・特殊メイク
・特効
・スタンドイン
・ボディダブル、スタントダブル
・衣装
などなど他にもいろいろやった気がしますが、全く覚えておりません。これだけの作業を同時にやったのも初めてですし、特殊メイクなんてやったの初めてです・・・
上の三つ以外はちょこっと手伝った程度で軽い作業程度でしたが、それでも他の仕事を兼用しながらだったので、体も頭も大変でした。
ほとんどのスタッフからは俺が小道具か特殊メイクの人間だと思われてたようで、現場でテスト合成をやってた時は「お前そんな事も出来るのか?」と言われ、またあるスタッフからは「お前今日よく頑張ったな」と言われましたが、そいつにそれを言われる日に限って全くVFXの作業をして無い日で「本職では全く頑張れませんでした」と突っ込みを入れたかったくらいです。

そんな感じで地獄のような三週間でしたが、ポスプロよりプロダクションの方が面白いなー。と実感しました。これからは数日間だけ休んで再撮影とVFX作業です。

JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 12:48comments(2)trackbacks(0)





ここ最近見た映画

ここ最近見た映画
忙しくなってきてまともに感想が書けなくなってきてるので見た映画のタイトルと一言コメント
ほとんどが既に見たことある映画ばっか

「ロボ・ジョックス」(1988)
動きが軽くてゴチャゴチャしたデザインのトランスフォーマーみたいなロボットより、こっちの重みがあってシンプルなデザインのロボットの方が好きです。

「SFレーザーブラスト」(1978)
デヴィッド・アレンのトカゲ宇宙人くらいしか見所が無いと思ったが、やたらと車の爆破が多くて驚いた。その為最近のB級映画より金掛かってるように見えた

「ランボー者」(1987)
マーティン・コーヴによるベトナム帰還兵の復讐劇。後半の無茶なアクションと台詞が面白かった。でもコーブは格闘シーンで負けっぱなしのシーンが多かった。そんな事だからコブラ会はダニエルさんに負けるんだ

「ベストキッド」(1984)
屋外スクリーン上映会で観賞。このヒロインのエリザベス・シューは「ピラニア3D」でスティーヴン・R・マックイーンの母親役。そのスティーヴン・R・マックイーンの実の父親はチャド・マックイーン。彼はコブラ会のメンバー。つまりシューはダニエルさんと別れてコブラ会メンバーとできてしまった。ってことですね

「シンデレラ・ボーイ」(1985)
ベストキッドを見たら、やはりこれも見なきゃいけません

「甦る悪夢」(1988)
ウィングス・ハウザーが殺人大工の亡霊に扮し、電波な主人公と良い関係になるホラー。ハウザーさんの演技は最高。とんでもない設定も最高。特殊メイクと終り方がもっと良ければカルトクラシックになったのに

「ソルジャー・コップ/地獄のライバル」 (1990)
ウィングス・ハウザーとロバート・ズダーによる刑事アクション。 ハウザーさんはすぐに銃を撃つ刑事だが、あんまりキレない。婚約者と痴話喧嘩してキレる寸前のハウザーさんの演技見てションベンちびりそうになったくらい

「ウォンテッド」(2008)
面白かった。最後がちょっとあっけなかった。CGの血のレベルが高かった

「REC:レック/ザ・クアランティン」(2008)
カットされてる映像を1カットで撮ってるように誤魔化すテクニックが巧かった。特殊メイクが関わるシーンの直前に目を凝らして見ればカットされてるポイントがよく分かります。

「ブロブ/宇宙からの不明物体」 (1988)
35mmプリントで観賞。これは嬉しい体験だけど、エンドクレジット中に音量を下げ、司会の人間が話し始めたのに腹が立った。

JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 09:25comments(0)trackbacks(0)





厳しいアメリカ映画業界

厳しいアメリカ映画業界

昨日、低予算の映画プロデューサーとお話をする事が出来た。低予算とは言え著名な方だ。その人からは映画業界に関して厳しい事を言われた。
JUGEMテーマ:日記・一般


続きを読む >>
posted by younghorizons 10:26comments(4)trackbacks(0)





ベトナムを思い出すぜ!

ベトナムを思い出すぜ!

先日、いつも行くカルトビデオレンタル屋にビデオを返しに行った。
カウンターに一枚のDVDが飾られていた。チラっと見ると「監督:ロバート・ダヴィ」と書かれてある。こんなブログを読んでいる方なら説明不要だと思うがダヴィは「マニアック・コップ2.3」「エイリアンコップ」などのB級映画の主役や脇役、メジャー作品でも悪役や脇役として出演している。出番は少なくとも「ダイハード」で「ベトナムを思い出すぜ!」とかましておきながら爆死してしまう姿は最高だった。

店員に「ダヴィが監督?」と聞くと「そうだよ。ダヴィは家の店の常連で、さっきも来てたよ」マジっすか!!?? って事は俺のVHSカバー/チラシコレクションを持ち歩いていれば、いつかはサインしてくれるかも知れない!確か「エイリアンコップ」と「マニアック・コップ3」のチラシはあったはずだ!店員によると気さくな人で、ファンサービスに応じてくれる人のようだ。

で、監督作はナイトクラブのシンガーの話みたいだった。背広を着たダヴィは刑事にしか見えんが、銃の代わりにマイクを持っている。さらに本人は歌手もやっていてシナトラタイプの歌を歌っているらしい。多才なのは良いが、個人的にはやっぱりベトナムを思い出すような事をやってほしいです
JUGEMテーマ:日記・一般


posted by younghorizons 11:52comments(0)trackbacks(0)





「ワイルド・ガン」のうんちく ピュンだま通信18

「ワイルド・ガン」のうんちく ピュンだま通信18

マジクエ2が一向に出る気配がありません。ピュン師父はFACEBOOKで海賊版対策をしているとコメントしてますが、「ディズニーやユニバーサルとかの特殊コピーガードでも破られてしまうのに…」と僕は悲観的に思ってしまいます。もしかしてピュン師父はそれ以外の何か企んでいるのか?とも思えてきますが、僕には真実を聞く勇気がありません。

さて、今回はピュン師父最後の佳作w 「ワイルド・ガン」の舞台裏の事です。「ワイルド・ガン」の内容は殺し屋をオープン前のハイテク刑務所に集め、そこでバトルロイヤルを行うという内容。初めて見た時は「ネメシス」みたいなとんでもないアクションを期待していた僕は拍子抜けした感がありましたが、再見してみるとスタイリッシュな映像、個性ある殺し屋たち、トニー・スコットがやりだす前からハイコントラストな色調補正、そして「ザ・トーナメント」や「バトルロワイヤル」以前に同じネタをやっているなど、見直してみるとなかなか面白い作品です。

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 11:49comments(3)trackbacks(0)





ブルース・リーはそこまで強くなかった?という説

ブルース・リーはそこまで強くなかった?という説。

数ヶ月前まで一緒にエスクリマを習っていた白人さんがいた。彼は以前ウォン・ジャックマンの元で功夫を学んでいた。ジャックマンとはあのブルース・リーと決闘を行い、負け、その後アメリカ人も功夫が学ぶ事が出来、リー本人も有名になった。という噛ませ犬的な扱いの功夫使いだ。「ドラゴン ブルース・リー物語」を見た事がある人や功夫映画好きな方なら覚えている事でしょう。

しかし、そのアメリカ人がジャックマン門下生達から聞いた事は大きく違っていたようです。リー好きの方は気分を害するかも知らないし、「たんなる負け惜しみ」と思う方もいるかも知れないでしょうが、最後まで読んでみてください。最後には考えが変わるかも知れません。

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 12:10comments(3)trackbacks(0)





ネメシス2と3の真実 ピュンだま通信17

ネメシス2と3の真実 ピュンだま通信17

今回はマジクエ2の撮影の時に撮影監督から聞いたネメシス2と3のお話です。
ネメシス2は冒頭のテロップにて、1の主役であるアレックス・レインがサイボーグ壊滅作戦に失敗。と1の全てを台無しにするオープニングから始まる。高校の頃これを見た俺は唖然とし開いた口がふさがらない状態で映画を見た。しかしそんなとんでもないオープニングと筋肉の塊でしかないスー・プライスを我慢すれば、アクションは凄まじい。「マトリックス リローデッド」にあったビルから落っこちながら銃を撃つというあのCG合成のアクションシーン、それと同じ事をネメシス2ではCG無しでやってのけます。勿論この映画はリローデッドよりも全然前の作品です。そんな訳でオープニングでは騙された感が強い作品ですが、後半持ちこたえて「騙されたけどピュン先生の作品を見続けよう」と僕は誓った訳です。 
しかしその続編であるネメシス3がもっと酷い。酷いなんてレベルじゃない。映画のほとんどがネメシス2の映像の使いまわし。いわゆるヒドゥン2状態。(ちなみに俺はヒドゥン2映画館で見てしまったぞ。おい)これを見た時は「もうピュン先生の映画を見ない方が身の為じゃないか」と思ったのでありました。

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 18:34comments(0)trackbacks(0)





TALES OF AN ANCIENT EMPIRE 予告編  ピュンだま通信16

TALES OF AN ANCIENT EMPIRE 予告編  ピュンだま通信16

ついにマジック・クエスト2こと、TALES OF AN ANCIENT EMPIREの予告編が正規にアップされました。マジクエ1より明らかにお金が掛かっておりませんが、低予算映画の状況が昔とは違うから仕方ないのかな?ここ数年作られたロード・オブ・ザ・リングのバッタモンとかと比べてみるべきかも知れないが、俺はその手の映画見てないんで何ともいえません。先のピュンだま通信にあったように今回もVFXが自分の仕事ですが、正直すまんかった。なカットが予告に使われてるのがなんともなー。って感じです。今後、完成版を出演者であるケビン・ソーボ(「ヘラクレス」)などに見せて、チェックが済んだら発売開始のようです。

予告には顔が出てませんが、果たしてクリストファー・ランバートやバル・キルマーは本編に出てくるのか!? ボクは怖くて聞けません。


TALES OF AN ANCIENT EMPIRE - RED BAND TRAILER - HD version from Albert Pyun on Vimeo.

JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 09:41comments(4)trackbacks(1)





勇気を持って告白  ピュンだま通信15

勇気を持って告白  ピュンだま通信15

結局発売日が遅れたけど、どうやらやっとマジック・クエスト2が出来上がるようです。

撮影後の事。
ピュン師父が「俺の撮影はどうだった?」と聞いてきた。以前書いた「良い所編」を要約して伝えた。そして破門覚悟で「悪い所編」も伝えた。 するとピュン師父は「セルジオ・レオーネのようにワイドショットの構図に力を入れたかった。」とそんな感じの事を言ってきた。確かに一理あると思う。無論レオーネの広大なショットとまではいかないが、ピュン師父がしょぼいセットから作り出したそこらの低予算映画のものより素晴らしいと思う。そしてレオーネもワイドショットを撮った位置からズームをかけた完全な横顔の寄り絵があったりする。でもレオーネは肩越しの絵とか様々な絵を撮っているんだよなあ。だからピュン師父の絵ももっとバリエーションがあれば・・・

プラスして師父は「低予算だと揃えられる小道具や大道具の数に限りがある。そこで移動撮影をするとお金の無さが絵に出てしまう」これはごもっともな意見だ。聞いてる自分も勉強になったくらいだ。でもあえて俺は「ピュン師父のステディーカムを使った移動撮影は凄くかっこ良かった。それなのに今の師父はそれをしない。あなたの才能が勿体無いじゃないですか!」と言った。真面目にネメシスの頃のピュン師父の移動撮影は90年代前半の映画と比べてかなりかっこ良かった。映画自体はつまらないが「HONG KONG 1997/ラスト・バトル」も移動撮影は良かった記憶がある。
とは言え、以前と比べてピュン師父の作品は予算が落ちてるし、移動撮影をする為のドリーやステディーカムはレンタル代も人件費もかかるから仕方ないっちゃ仕方ない。でもそこら辺を踏まえてもピュン師父の移動撮影がかっこ良かったから言ってみました。

俺の気持ちが師父に通じて次の作品はもっと良くなって欲しいです

JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 15:31comments(0)trackbacks(0)