no retreat, no surrender, no turtle position

見た映画とかの記録や格闘技・プロレス・永田さんwなどの話題





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ストリート・ハンター/狼が眠る街

ストリート・ハンター/狼が眠る街
原題:STREET HUNTER (1990)

監督: ジョン・A・ギャラガー
出演:スティーヴ・ジェームズ

大量のヘロインをめぐってギャングの抗争が起こった。賞金稼ぎのブレードは、それを利用して一方のギャングの首領を捕らえることに成功するが……。

友達とクズ映画三本立て上映会を開いた。その内の一本。
大昔に見た時の記憶はつまらなかった。クズ映画に対しての免疫が十分出来た今でもやっぱり微妙な作品。スティーヴ・ジェームズとレブ・ブラウンという二大B級俳優の競演に無名時代のジョン・レグイザモ。ジェームズの持つ銃はキャリコピストル、そして彼の右腕としてドーベルマン。これだけ隠れたB級の傑作になりそうな要素があるのにも関わらず、たるいんだよな… しかしやたらと歴史に関してうんちく垂れながら演説するブラウンは面白い。ブラウンの存在自体が脳みそ筋肉だから、利口な事を言う姿が余計面白い。

クライマックスのジェームズVSブラウンは悪い意味で面白い。ブラウンの蹴りがあまりにもアレすぎて大爆笑。無茶させるなよ。とは言えUFCが出来る以前に腕ひしぎなどグラウンドのムーブが見れたのは驚いた。これでブラウンの蹴りが無ければ、少しはマトモな評価が受けられてただろうに
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 16:17comments(0)trackbacks(0)





西部悪人伝

西部悪人伝
原題:EHI AMICO...C'E SABATA, HAI CHIUSO!
SABATA (1970)

監督: フランク・クレイマー (ジャンフランコ・パロリーニ)
出演:リー・ヴァン・クリーフ

西部の町ドハティにサバタがやって来た。時を同じくして、銀行強盗事件が発生。だが翌朝、サバタは多くの死体とともに無傷の金庫を持って戻ってきた。彼に賞金を渡した警備隊長は、強盗団の徹底捜査を宣言するが、証人達は何者かによって消されていってしまう。そんな中、サバタは犯行に使われた馬車を手に入れる。事件の首謀者であるスティンゲル男爵、オハラ判事、ファーガソンの三人は、証拠隠滅のためにサバタ暗殺に次々と刺客を差し向ける

リー・ヴァン・クリーフ二本立ての二本目。 まさかこれを映画館でしかもフィルムプリントで見れるとは!

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 09:38comments(0)trackbacks(0)





新・夕陽のガンマン/復讐の旅

新・夕陽のガンマン/復讐の旅
原題:DA UOMO A UOMO
DEATH RIDES A HORSE (1967)

監督: ジュリオ・ペトローニ
出演:ジョン・フィリップ・ロー

ならず者に両親を惨殺された男が復讐の旅に出る。彼は仇敵を一人、また一人と片づけていく。そして、その行く先々で彼を助ける謎の男が現れるが……。惨殺された家族の仇を討つ男を描いたマカロニ・ウェスタン

ニュービバリーシネマでかかってたリー・ヴァン・クリーフ二本立てのうちの一本。
高校の時に見た事があるが、トリッキーな銃撃戦も無くあまり面白くなかった記憶があったが、再び見てみると面白かったです。冒頭の両親を殺すシーンには母と姉がレイプされるカットがある。別におっぱい出してる訳でもエロでもなんでもない描写だが、最近の映画業界では自主検閲のせいかこういうのが無くなってるせいもあり、かなりショッキングな描写に感じました。

前半、フォリップ・ローが親の仇第一号を見つけ殺すまではかなり面白いけど、そこからが結構たるかったです。最後の方には面白さを盛り返して来ますが、中だるみの間にもう一人くらい仇を殺しておけば良かったなー。と思いました。ま、その中だるみの部分でもリー・ヴァンが十分な間持たせをしてくれてるので、飽きはしませんでした。
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 17:17comments(0)trackbacks(0)





十字架の用心棒

十字架の用心棒
原題:ANCHE NEL WEST C'ERA UNA VOLTA DIO
BETWEEN GOD, THE DEVIL AND A WINCHESTER
BETWEEN GOD, THE DEVIL AND A WOMAN
(1968)

監督: ダリオ・シルヴェストリ
出演:ギルバート・ローランド

隠された財宝を求めてガンマン達と盗賊達による争奪戦

タイトルどおりマカロニウエスタンです。つまんなかった。
話がたるいし、銃撃戦もめちゃくちゃ少ない。その少ない銃撃戦にトリッキーなガンプレイもなく、あるのはただ撃ってるだけとか、主人公による卑怯極まりない攻撃ばかり。財宝を手にした盗賊達を遠くからライフルで狙撃し皆殺しした時なんか「こいつは実は悪者で宝を独り占めする魂胆なのか?」と思ったほど。実際はそうでなかったが、そういう風にしておいて、仲間である銃を持ちたがらない神父に銃を取らせた方が良かったんじゃないかと思いました。
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 09:13comments(0)trackbacks(0)





七人の特命隊

七人の特命隊
原題:KILL THEM ALL AND COME BACK ALONE
AMMAZZALI TUTTI E TORNA SOLO
(1968)

監督: エンツォ・G・カステラッリ
出演:チャック・コナーズ

南北戦争時、南軍は早射ちの名手、怪力、ナイフの達人など7人の悪人を集め、北軍の軍用資金強奪を命じた。この七人の特命隊のリーダーであるコナーズはもう一つの極秘任務が与えられていた。それは作戦成功後、仲間を皆殺しにし、たった一人で帰って来い。という任務だった。

ものすごく早いテンポ。アクションに続くアクション。ドラマ性ゼロ!最高です。
JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 13:05comments(0)trackbacks(0)





シンデレラ・ボーイ

シンデレラ・ボーイ
(ノーサレンダー)
原題:NO RETREAT, NO SURRENDER
(1985)

監督: コリー・ユン
出演:カート・マッキニー

空手ジムを経営する父が、拡張を図る組織の刺客に敗れたため、ジェイソンはロスからシアトルへと
引っ越してくる。そこで不良少年や、彼女の恋敵からも痛めつけられてしまうジェイソン。そして、ひとりで
空手を学び強くなろうとする彼の前にブルース・リーの霊だった!。


ここのブログ開設時に感想を書いたが、再び書く。何故か!?それは長年待ち続けた、あの滅茶苦茶かっこいい
主題歌"Hold on to the Vision in Your Eyes"が収録されたサントラがついにMP3販売されていたのだ!
http://www.cdbaby.com/cd/frankharris2

YOUTUBEでも聞けます
http://www.youtube.com/watch?v=zS-eEg5-Nk4

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 18:27comments(0)trackbacks(0)





斬撃 -ZANGEKI-

斬撃 -ZANGEKI-
原題:AGAINST THE DARK
(2009)

監督: リチャード・クルード
出演:スティーヴン・セガール

新種のウィルスによりゾンビとなった人達をセガールさんが斬る

セガールさんの拘束期間はほんの数日だったんだと思います。
本当の主役はゾンビから逃げてる人達。そいつらの突っ込みどころ満載の
アレな逃走行動がメインで、それの合間にセガールさん率いる
ゾンビハンター達が生存者を救出しに行くシーンが入る。って感じです。
しかも合流するのが物語の後半w さらにゾンビハンター隊員がピンで
戦ってるシーンも結構多く、セガール御大の出番をどんどん減らし、
尺伸ばしの貢献しておりますw
一言で言えば「沈黙のテロリスト」くらいの出番ですw

今回セガールさんは剣を使った戦いがメインですが、斬ってる割には
真っ二つとか無かったり、流血描写も控えめなんで、
「随分切れ味悪そう」と感じてきます。ま、そういう描写撮ってる
暇が無いほど、拘束期間が短かったって事でしょう。
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 15:41comments(2)trackbacks(0)





西部のリトル・リタ〜踊る大銃撃戦〜

西部のリトル・リタ〜踊る大銃撃戦〜
原題:LITTLE RITA NEL WEST
RITA NEL WEST
(1967)

監督: フェルディナンド・バルディ
出演:リタ・パヴォーネ

当時アイドル歌手だったリタ・バヴォーネを起用した
異色のミュージカルウエスタン。西部きっての早撃ちリタは、
インディアンの酋長から頼まれて大金を奪ったリンゴらを追うことになる。。


コメディ色の強いマカロニミュージカルウエスタン。そう割り切って見れば
まあ、楽しめる。
「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続・荒野の用心棒」などを
パロった場面はなかなか楽しめて、リトル・リタがこれらのマカロニヒーロー達を
倒しちゃうってのが凄い。さすがイタリアです。
ただジレったいラブストーリーに変わる後半部分は結構だるく、
最後に決闘とか大アクションがないのが物足りないです。

一番残念なのは共演してるテレンス・ヒルとフェルナンド・サンチョ。
どうせこんな企画するなら、この二人にも無理して歌ってもらいたかったなw
そうすりゃマカロニ史に残る作品になっただろうに
JUGEMテーマ:映画


posted by younghorizons 15:18comments(0)trackbacks(0)





サベージ・バイオレンス/野獣襲撃

サベージ・バイオレンス/野獣襲撃
原題:DON'T TURN OUT THE LIGHT
Skull: A Night of Terror!
(1988)

監督: ロバート・バーグマン
出演:ロバート・バイドマン

若い警官デヴィッドは、誤って人質まで殺してしまった
経験から、囚人護送係として働いていた。ある日、彼は護送中の
囚人たちをあやまって逃がしてしまう。彼らが立て籠もったのは、
デヴィッドの家だった。家族を人質にとられた彼は、
ついに怒りを爆発させる。


低予算だがなかなか頑張ってた映画だった。

JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 14:29comments(0)trackbacks(0)





G.I.ジョー

G.I.ジョー
原題:G.I. JOE: THE RISE OF COBRA (2009)
監督: スティーヴン・ソマーズ
出演:チャニング・テイタム

ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を
目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。そこでアメリカ政府は、
世界屈指の精鋭で構成される最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”を、
世界を救う最後の切り札として送り込むのだった。


随分と不評なようですが、子供向けって意味で言ったら、
十分良いんじゃないでしょうか。個人的には何も考えないで済む
バカ映画として楽しめました。特に日本シーンは大爆笑
JUGEMテーマ:映画


続きを読む >>
posted by younghorizons 09:09comments(0)trackbacks(0)